【卓球】フォアドライブの回転量を上げるための5つのコツを現役コーチが徹底解説!

回転量の多いフォアを打つコツ
フォアで回転がかからない原因
上級者のフォアドライブの考え方

卓球初~中級者の方でフォアドライブは打てるけど「回転量が少なくて簡単に取られてしまう…」と頭を抱えている人は少なくないのではないでしょうか?

フォアドライブはスピードがあっても回転量が少ないと当てるだけで簡単に取られてしまいます。

反対にフォアドライブの回転量が多くなると、相手は当てるだけで返球できなくなるので、相手にプレッシャーをかけることができるようになります!

そこで本記事では、相手にプレッシャーをかけられるような【回転量の多いフォアドライブを打つための5つのコツ】を紹介していきたいと思います!

【卓球】フォアドライブの回転量を上げるための5つのポイント

さっそく【フォアドライブの回転量を上げるための5つのポイント】を解説していきます!

今回、紹介・解説するポイントは【基本的なもの】になりますが、どれも重要なものになるので、ぜひ参考にしてみてください!

ボールの捉える位置を時計で考えたときの【1〜2時】付近にする

フォアドライブの回転量を上げるための1つ目のポイントは【ボールの捉える位置を1~2時付近にする】です。

ボールを時計に置き換えて考えたときに、回転量の少ない人は【3時(付近)】を打ってしまっている場合が多いと感じます。

※左利きなら9時(付近)

3時を打つということは、ラケット面が垂直になってしまっているので、ラバーとボールの間に摩擦が生じにくいです。

【1~2時付近】を捉えようとすることで、ラケット面が被さるので、ラバーとボールの間に摩擦が生じやすくなります!

なので、回転量を上げるためには【ボールを捉える位置(ラケット角度)】に注意していきましょう!

回転がかかるところを捉える
(捉えるための角度をつくる)

当たる瞬間までは腕の力は抜いてリラックスしておく

フォアドライブの回転量を上げるための2つ目のポイントは【当たる瞬間までは腕の力を抜いておく】です。

「回転量を上げるためにはどうすればいいのか?」というとのをシンプル(極端)に言うと【スイングスピードを速くする】ことが重要になります。

腕に力が入ってしまうと、スイングの速度が落ちるので、ボールに伝わるパワーが小さくなってしまいます。

ボールに伝わるパワーが小さいと、回転量を上げることは難しいです。

なので、回転量を上げたいのであれば、ボールに当たる瞬間までなるべく力を抜いて【リラックスした状態】でいることが非常に大事になります!

腕の力が抜けるとスイングスピードが速くなり【ボールに伝わるパワーが強くなる=回転量が上がる】に繋がるので意識していきましょう!

回転量を上げたいなら力を入れるのではなく【抜く】

当たる瞬間に前腕をしっかりと畳むようにスイングする

フォアドライブの回転量を上げるため3つ目のポイントは【当たる瞬間に前腕をしっかり畳むようにスイングする】です。

フォアドライブで「回転がかからない」と悩む人の多くは【前腕(肘から先の部分)が使えていない】場合が多いなと感じます。

・肩中心にスイングして前腕が使えてない
・肘を押し出すように使ってしまい前腕が使えてない

上記のようなスイングをしている人はフォアドライブで回転量の多いボールを出すことは難しいと思います。

回転量をしっかり確保したいのであれば【※前腕を畳むようにスイングする】ことが大事です!

※上腕に力こぶができるような動き

前腕を使うことで、しっかりとボールを擦ることができるので意識して練習していきましょう!

回転量を出したいなら前腕を畳むように使おう

ラバーのスポンジまで食い込ませる意識を持つ(薄く捉える意識の人もいる)

フォアドライブの回転量を上げるための4つ目のポイントは【食い込ませて打つ意識を持つ】です。

回転をかけるためには「ボールを薄く(シートで引っ掛ける)捉えろ」という人もいますが、個人的にはスポンジまでしっかり食い込ませるように打ったほうが【最大回転量が出る】と思っています。

もちろん、薄く捉えることも間違いではないし、大事なことなんですが、薄く捉えるだけだと【スピードが出にくい】という難点があります。

最近は、ボールがプラスチックになり【回転がかかりにくい】ので、ある程度のスピードがないと相手に簡単に取られてしまうので、しっかりと食い込ませつつ回転をかけることでスピードもある程度出すことが必要です。

また、薄く捉えるのは緊張した場面では難しく、厚く食い込ませるほうが安定性は高いと思います!

回転量を上げたいならラバーにしっかりと食い込ませる

腕の力だけでなく体の力を使って打つ(体重移動をする)

フォアドライブの回転量を上げるための5つ目のポイントは【腕の力だけでなく体の力を使って打つ】です。

腕の力だけでフォアドライブの回転量を上げていくのには【限界】があります。

そこで大事になってくるのが【体の力】です。

体の力というのは、主に【体重移動を使う】ことを指します。

腰・股関節を捻って【※右→左】に体重移動をすることで、ボールに自分の体重の力を乗せることができるので【回転量(威力)】を増すことができます!

※右利き用の場合

体重移動を使えば、筋力(パワー)がない人でも回転量を上げることが可能なので、ぜひ意識して練習してみてください!

回転量(威力)を上げたいなら【体重移動】を使う

まとめ

今回は【回転量の多いフォアドライブを打つための5つのコツ】を紹介させていただきました!

どれも大事なコツ(ポイント)ですが、全部をいっぺんに意識するのは難しいと思うので、まずは【1つずつ】意識して練習していきましょう!

「1つ出来たら、他の1つ…」という感じで、焦らずに徐々にステップアップするように練習してみてくださいね(^^)!

〈おわり〉