【卓球】格上の強い選手には勝つためにはどうすればいい?絶対にやるべきこと〈5つ〉を紹介!

格上に勝つために意識するべきこと
試合に勝つために大事なこと
上級者の対格上に対する考え方

卓球の試合で格下や同格には勝てるけど「格上にはなかなか勝てない…」と悩む人は多いと思います。

格上の選手に対しては【いつも通りやるだけでは勝てない】ことがほとんどです。

かといって、格上の選手に勝った経験が少ない人からすれば「なにをすればいいのか分からない…」という人が多いでしょう。

そこで本記事では【格上の強い選手に勝つために絶対やるべきこと5つ】を紹介していきたいと思います!

この5つは【私の実体験】と【今まで見てきた格上が負けた試合】から考えたポイントになるので、ぜひ参考にしてみてください!

格上の強い選手に勝つためにやるべきこと&注意点〈5つ〉

さっそく【格上の強い選手に勝つためにやるべきこと5つ】を紹介していきます。

今回紹介するのは、次の5つのポイントになります。

・焦って無理打ちをしない
・リスクを背負って攻める
・出し惜しまずに1セット目を取りにいく
・相手の強いところは避ける
・相手の弱いところを見つけて突く

これらを1つずつ深堀りしていきたいと思います!

焦って無理打ちをして自滅しない

格上の強い選手に勝つためにやるべきことの1つ目は【焦って自滅をしない】です。

格上の選手と試合をして負けるときに割と多いのが【自滅】だと思います。

・「球が甘いと強打が来る」というプレッシャー

・「早く攻めないと」と無理してしまう

・相手の強さに緊張して力んでしまう

「焦って自滅」というパターンに陥るときは、上記のような理由が多いはずです。

正直、格上の選手相手にこうなってしまうのは仕方がないと思いますが、焦って自滅ばかりしてしまうと、次のような【勝てるかもしれない可能性】を失ってしまう恐れがあります。

・自分とボールが合わずにミスしてくれる

・相手の調子が良くなくて打ちミスしてくれる

・相手が舐めてきて無理打ちしてくれる

このようなこともあるので、格上の選手だからといって無理打せずに【恐れずつなぎも使うプレー】を心がけていきましょう!

リスクを背負って攻めること(も必要)

格上の強い選手に勝つためにやるべきことの2つ目は【リスクを背負って攻めること(も必要)】です。

先程は【無理をせずにつなぎを使う】ということをお話したので、この2つ目を見て「どっちだよ」と思う方もいると思います。

ですが、格上選手とやるときに焦って自滅をしないことだけを考えても【勝てない】のは事実です。

やはり、タイミングを伺って【リスクを背負った攻めの姿勢】は必須になります。

では「どういったタイミングでリスクを背負えばいいのか?」ということになりますが、それに【絶対的な答えはない】です。

相手の特徴や精神状態など、様々な要素を加味した上でないと、リスクを背負う場面というのは決められません。

ですが、「こういうときにリスクを背負って仕掛けるといい」というタイミングの一例を下記にまとめてみました。

【点数をリードしたとき】
▷自分は余裕があって、相手は少し焦っている状態

【セットの前半】
▷一気に畳み掛けてリードを狙い焦らせる

【6−6や7−7(〜オール)のとき】
▷2本取ればリードの状態でサーブが迎えられるとき 等

上記はあくまで一例ですが、こういったときが【リスクを背負うタイミング】としてはおすすめです。

【無理しないこととリスクを背負うことのバランスを取る】のはとても難しいですが、試合の中でどんどん試していき【経験値を積むしかない】と思います!

序盤から技術を出し惜しみせずに1セット目を取りにいく

格上の強い選手に勝つためにやるべきことの3つ目は【1セット目を全力で取りにいく】です。

格上の選手とやるときに【得意なサーブは後に取っておく】という人がたまにいますが、これはやめた方がいいと思います。

そう考える理由としては〈2つ〉あります。

・格上とやるときは1セット目を取りたい
▷できるだけプレッシャーをかけたいから

・取っておいても使う場面がなくなる
▷相手が余裕のある状態では効かない可能性がある

格上の選手に勝つためには【とにもかくにも1セット目を取る】ということが大事です。

1セット目を取らないと、相手に余裕を持たれてしまうので、その頃に得意な技術を使っても【簡単に対応されてしまう】ことが多いでしょう。

なので、格上の選手とやるときは、序盤から得意な技術を出し惜しみせずに、全力で1セット目を取りにいきましょう!

相手の強いところを避ける

格上の強い選手に勝つためにやるべきことの4つ目は【相手の強いところを避ける】です。

格上の選手とやると、圧倒的な技術力に押されてしまい「相手の何が強いのか?」ということを見なくなってしまうことがあると思います。

ですが、どんなに格上の選手といっても【バックよりもフォアの方が得意】みたいな技術の偏りが多少はあるはずです。

それをなるべく試合の出だしで判断して、そこを避けるように戦うと【※致命傷を避ける】ことができる可能性は高まると思います!

※「一撃で抜かれてラリーにならない」など

格上選手だから技術力は高いのは当たり前です。

しかし、その中でも1番の強みとなるような技術やコースにボールを集めないようにすることで【最悪の展開は避けれることもある】と思うので「外す」というのを意識してみてください!

(少しでも)相手の弱いところを見つけて突く

格上の強い選手に勝つためにやるべきことの5つ目は【(少しでも)相手の弱いところを見つけて突く】です。

4つ目のポイントと近いですが、格上の選手といえど【(少し)苦手な技術】があるはずです。

例えば、ラリーは強いけど【台上はイマイチ】みたいな選手であれば、ストップなど短いボールを上手く使えば【リズムを崩せる】可能性はあると思います。

上記の例のようには上手くいかない場合がほとんどですが、ここで言いたいのは「格上だからといって諦めて相手を分析しないのは良くない」ということです。

もう勝てないといって試合を放棄するのは簡単ですが、それでは次に繋がりません。

負け戦でも、しっかりとそういったことを考えてやると【経験値が貯まる】し【データが残る】はずです。

そういったものを蓄積しておけば、自分の実力がついた後に同じ相手とやったときに【勝てる確率は上がる】と思います。

「どうせ負けるんだから」と早々に諦めるのではなく「負けるなら出来るだけくらいつく」という気持ちを持つようにしましょう!

【まとめ】

今回は【格上の強い選手に勝つためにやるべきこと5つ】を紹介させていただきました!

「格上に勝つ」ということは、かなり難しいことであるのは間違いないです。

ですが、今回紹介した5つのポイントを意識することで、勝てる見込みを【0%→1%】にすることはできると思うので、ぜひ参考にしてみてください(^^)

〈おわり〉