【卓球】試合で勝てるサーブとは?知っておかないと損するサーブの考え方について解説!

・試合で勝てるサーブの本質
・自分が練習するべきサーブ
・上級者のサーブへの考え方

卓球をやっている人であれば「試合で勝てるサーブってなんだろう?」と疑問に思ったことはあると思います。

最近では、YGサーブや巻き込みサーブなどの逆回転系のサーブが流行っているので、そういったサーブが「勝てるサーブ」と思う人もいるでしょうし、ブチ切れの下回転サーブが「勝てるサーブ」と考える人もいるでしょう。

ですが、私の考えとしては【勝てるサーブというのは人それぞれ違う】と思います。

AさんにとってはYGサーブが勝てるサーブだとしても、BさんにとってYGは【良さが消えてしまうサーブ】ということもあるでしょう。

そこで本記事では、私なりの【試合で勝てるサーブについての考え方】を紹介・解説していきたいと思います!

試合で勝てる・使えるサーブというのは人それぞれで答えはない

冒頭でも言ったように、私は【試合で勝てる・使えるサーブは人それぞれ違う】と思います。

例えば、下回転がブチ切れで出せる選手が2人いるとします。

仮に【Aさん】と【Bさん】としましょう。

下回転のブチ切れのサーブをしっかりと出した場合、相手は【7〜8割はツッツキ】でレシーブしてくると思います。

Aさんはツッツキを打つのが得意で、Bさんはツッツキを打つのが苦手だとしたらどうでしょう?

下回転のブチ切れを出して、メリットがあるのはAさんだけで、Bさんからすると、ブチ切れの下回転は【デメリット】になってしまうと思います。

〈想定されるレシーブ〉⇛ツッツキ
Aさん→ツッツキ打ちが得意=◎
Bさん→ツッツキ打ちが苦手=△

このように一般的には【良いサーブ】とされるブチ切れの下回転が人によっては【負けに繋がるサーブ】になってしまう可能性があるのです。

上記のような例を他の技術やパターンに置き換えてみると「今使っているサーブがほんとに自分に合っているのか?」ということが分かると思います。

まとめると、勝てるサーブ・使えるサーブというのは「自分の得意な技術にマッチしているか否か」でそれぞれ変わってくるということを覚えておきましょう!

勝てるサーブの〈2つ〉の考え方

ここからは【勝てるサーブの2つの考え方】を紹介したいと思います。

今回紹介する2つの考え方は次の通りです。

・得意な技術を活かすサーブ
・苦手な技術をカバーするサーブ

この2つについて1つずつ深堀りして解説していきます!

〈得意な技術を活かす〉ためのサーブ

勝てるサーブの考え方の1つとして、さっき挙げた【得意な技術を活かすサーブを出す】があります。

「得意な技術を活かすって言われてもピンとこない…」という人もいると思うので、一例を下記に簡単にまとめてみました。

例①)ブロックが得意な選手の場合
上回転系・ロングサーブを中心に使っていく
→相手にフリックもしくはドライブさせてブロックする
例②)カウンターが得意な選手
出るか出ないかの下回転系サーブを使う
→相手がループで持ち上げてきたのを狙う
例③)ストップをフリックするのが得意な選手
浅めの下回転を使う
→相手のストップを誘い出して狙う

これはほんの一部ですが、こういった感じが【得意技術を活かすサーブ】になります。

まずは「自分の得意技術はなんなのか?」ということを考えることで【習得すべき・磨くべきサーブ】というのが見えてくるでしょう!

〈苦手な技術をカバーする〉ためのサーブ

もう1つの勝てるサーブの考え方は【苦手な技術をカバーするサーブを出す】になります。

これも例を見たほうがイメージしやすいと思うので、下記の例をご覧ください。

例①)台上技術が苦手な選手
横上(上)系やロングサーブを使う
→相手のストップを封じてラリーに持ち込む
例②)フリック処理が苦手な選手
下回転系・出るか出ないかを使う
→相手にフリックをさせない
例③)フォア側に動かされるのが苦手
逆回転系の下をフォア前に出す
→早いフォアへのレシーブを抑制できる

こういったサーブが【苦手をカバーするサーブ】になります。

もちろん、100%カバーできるわけではないですが、こういったサーブと他のサーブを上手く組み合わせて使うことで【かなり苦手をカバーできる】はずです。

「自分の強みを活かす」というのも大事ですが、「苦手をカバーするサーブ」というのも使えると勝率がグッと上がると思います!

まとめ

今回は【試合で勝てるサーブについての考え方】を紹介させて頂きました!

【自分の強みを活かすサーブ】と【苦手をカバーする】の2つを習得すると、きっと勝率が上がると思うので、練習してみてください!

今回紹介したのは【あくまで私の個人的な見解】になりますが、読んでくださった方の参考になれれば幸いです(^^)!

〈おわり〉