【卓球】勝つための練習は何をすればいい?上級者が必ず意識している5つの考え方を紹介!

勝つための練習方法について
普段、何を考えて練習をするべきか
練習で上級者が意識していること

「勝つための練習とは?」という問いは、卓球をやっている人にとっては永遠の課題だと思います。

ですが、その問いに対する明確な【答えはない】と思います。

その理由としては【人それぞれ抱えている課題や環境、身体能力、センスなど】様々な要因が絡みあってくるから一概に「コレ!」という答えは出せないからです。

そこで本記事では、そういった個人的な問題を取り去って、誰もが意識するべき【勝つための練習をするときの考え方】を紹介したいと思います!

【卓球】勝つための練習の考え方〈5つ〉

さっそく【勝つための練習の考え方】を解説していきたいと思います。

今回紹介する5つの考え方(ポイント)は、以下の通りです。

「ミスをしない」という意識を持つ
ランダム系の練習を取り入れる
3・4球目からラリー練習をする
サーブ・レシーブの練習の時間を取る
ゲーム練習を取り入れる

この5つのポイントは【上級者】は当たり前に取り入れている考え方(ポイント)です。

反対に、初〜中級者の人はこれらの考え方を出来ていない人が多い印象があります。

なので、初〜中級者の人はしっかりと読んで、明日からの練習に取り入れていって欲しいです!

「ミスをしない」という意識を持って質の高さを追い求めてく

勝つための練習の考え方の1つ目は【「ミスをしない」という意識を持って質の高さを追い求める】です。

初〜中級者の人にありがちなのが、回転やスピードを追求するあまり【ボールを入れる(ミスしない)】という意識が希薄になっていることが多いと感じます。

今は、ネットで簡単にトップ選手のフォームが見れる・学べるといういい時代になってきていて、トップ選手の打ち方を真似する人も多いです。

ですが、打ち方やボールの凄さに注目するばかりで【トップ選手はミスをしない】ということに目を向ける人がが少ないと思います。

彼らは【ミスをしないということを念頭においていいボールを打っている】のであって【いいボールが打てればミスはしょうがない】という考えでは打っていません。

一般の人はここを履き違えてしまっていることが多いのです。

繰り返しになりますが、練習することにおいて第一優先するべきことは【ミスをしない】ということで【いいボールを打つ】ということではありません。

勝つための練習でやるべきことは【ミスをしない範囲の中で質の高いボールを打つ】ということなのを忘れないようにしましょう!

固定コースの練習だけではなく〈ランダム系〉を取り入れる

勝つための練習の考え方の2つ目は【ランダム系の練習を取り入れる】です。

初〜中級者の人にありがちなのは【固定コースの練習ばかり行ってしまう】ということです。

基本を固めることにおいて固定コースの練習は非常に高い効果を発揮してくれるの間違いありません。

ですが、試合で勝つための練習と考えると、固定コースの練習ばかりしていてはダメだと思います。

試合というのは【常にどこにボールが来るか分からない】ので、固定コースの練習だけでなく【ランダム系の練習】をする必要があるのです。

不規則に返ってくるボールに対しての対応力を上げないことには、試合に勝てないので【勝つための練習にランダム系は必須】と考えて、練習メニューに必ず取り入れるようにしましょう!

ラリー系の練習を〈サーブ3球目・レシーブ4球目〉から始める

勝つための練習の考え方の3つ目は【ラリー系の練習をサーブ3球目・レシーブ4球目から始める】です。

これはどういうことかというと、例えばですが、ラリー系の練習をするときに多くの人は【練習用の上回転サーブ】から始めると思います。

ですが、試合において練習用の上回転サーブのような甘いサーブは来ないです。

多くの人が、様々な回転のサーブを出してくることを考えると、練習用のサーブでラリーをすることは実戦的ではありません。

勝つための練習というのは【実戦的であるべき】だと思うので、ラリー系の練習をするときも導入部分にサーブ・レシーブを使って練習をするべきなのです。

例①)2本2本の切替をする場合
【導入部分】下回転サーブを出す
→ツッツキに対してドライブを打つ
→そこから2本2本を始める
例②)※BMBFの切替しをする場合
【導入部分】バック前のサーブをチキータ
→そこからBMBFを始める
※バック・ミドル・バック・フォアの切替

これをやっていない初〜中級者の方はけっこう多い印象なので、「あ、自分やってないな」と思った人は、明日からすぐに取り入れてみてください!

ラリー練習だけでなく〈サーブ・レシーブ〉の練習をしっかりとやる

勝つための練習の考え方4つ目は【ラリー練習だけでなくサーブ・レシーブの練習をしっかりやる】です。

卓球においてラリーの練習というのは、やっていて楽しいですし、気持ちがいいと思います。

反対に、サーブやレシーブの練習というのは【地味でつまらない】と感じる人が多いでしょう。

こういった印象を持っている人が多いので、長い時間を割いて【サーブ・レシーブの練習を集中的に行う人は少ない】です。

ですが、さっきも言ったように試合は【必ず】サーブ・レシーブから始まります。

なので、サーブ・レシーブの練習を怠るということは【試合に勝てない】ということに直結するといっても過言ではないのです。

反対に、サーブ・レシーブを制することが出来れば【試合を制することができる】と考えることもできます。

確かにサーブ・レシーブの練習は地味でつまらないものかもしれませんが【勝つための練習】と考えると必須となる練習なので、時間をとって練習するようにしていきましょう!

〈ゲーム練習(試合)〉を定期的に取り入れる

勝つための練習の考え方の5つ目は【ゲーム練習を定期的に取り入れる】です。

ゲーム練習が嫌いという人もいたりしますが、ゲーム練習は必ず【定期的に行うこと】をおすすめします。

ゲーム練習を定期的に行うことのメリットとしては次のようなものが挙げられます。

・練習の成果を確認できる
(上達の進捗確認)

・練習してる技術が実戦でどう作用するか分かる

・課題や修正点を見つけることができる など

やはり、練習だけではわからない・測れないことが【実戦の中にはある】と思います。

実戦をで試すことで【技術の進捗状況や修正点が分かる】ので、それを練習に活かしていけば【勝つための練習】に近づけることができるはずです!

まとめ

今回は【勝つための練習の考え方〈5つ〉】を紹介させていただきました!

今回紹介した考え方は、是非とも【全て取り入れて練習してほしい】です!

「全部はいきなり難しそう…」という方は、まずは1個でもいいので取り入れていってください。

そうすることで、今行っている練習よりも【勝つための練習】に近づくことができると思います(^^)!

〈おわり〉