【卓球】レシーブが上手くなりたいならどうすればいい?レシーブが苦手な人がやるべきたった1つの練習とは?

レシーブ上達のための意外な方法
レシーブ上達に大事なこと
サーブとレシーブの関係性について

卓球をしている人で「レシーブが苦手…」という人はかなり多いと思います。

レシーブはプロでも苦手な選手がいるくらいですし、「レシーブが得意」という選手はほとんどいません。

そんな難しい技術であるレシーブを「上達させるにはどうしたらいいのか?」と頭を抱えている人はたくさんいるでしょう。

様々な改善方法があると思いますが、今回紹介するのは【サーブ練習をする】というアプローチ方法です!

「レシーブ上達のためにサーブ練習??」と思う方もいるかもしれません。

ですが、これには意味があって、自分が色々な回転を出せるようになることで【回転への理解が深まる】というメリットがあります。

今回は【レシーブ上達のためにサーブ練習をする理由】について解説していきたいと思います!

レシーブが上手くなりたいならサーブ練習をやる

冒頭でも言ったように、サーブ練習をすることで色々な回転を出せるようになると、回転への理解を深めることができます。

「回転への理解が深まるとどういうメリットがあるのか?」というのを下記にまとめてみました。

・どういう角度で当てるとどういう回転がかかるのか分かる

→レシーブのときに相手がどう当てているかを見て、回転を判断できる

・「どれくらい振れば切れるのか?」や「どこに当てると切れるのか?」が分かる

→レシーブのときに相手の切れ味を判断できるようになる

回転への理解が深まることでこのようなメリットがあり【レシーブに活かせる】と思います。

普段、指導をさせて頂いてる中で「レシーブが苦手」と相談してくる方のほとんどが「取れないサーブ(回転)を出せない」ことが多いです。

自分がそのサーブ出せない状態でレシーブ練習するのと、そのサーブが出せる状態でレシーブ練習するのでは【後者の方が上達は確実に早い】と思います!

なので、「レシーブが苦手だからレシーブ練習ばかりする」というのも悪くありませんが、「レシーブを上手くするにはサーブ練習をする」という方法もあるということを頭に入れておきましょう!

サーブが上手くなるとレシーブも比例して上手くなる!

レシーブ上達には経験を積むことが大事です(色んな人のサーブを受ける)

補足になりますが、レシーブを上達させたいのであれば【色んな人のサーブを受ける】ことが必要です。

「このサーブはこう返す」と理論で覚えていくことも大事なことですが、サーブは同じ回転のサーブでも、出す人によって【微妙な違い】があります。

・フォーム
・回転量・回転のかけ方
・タイミング(トスの高さ・間合いなど)

人によって上記のような違いがあるので、レシーブ上達の近道は色々な人のサーブを受けて、経験を積み【体で覚えていく】ことが必要です!

なので、同じ人ばかりではなく、色んな人と積極的に練習をするようにしましょう(^^)!

レシーブは経験を積むことが大事!色んな人のサーブを受けよう!

まとめ

今回は【レシーブの上達】について解説させて頂きました!

一見、サーブとレシーブの練習は関係ないように見えますが、本記事で【相関性がある】ことが分かって頂けたと思います!

「レシーブが上手くなりたい!」という人はサーブ練習を頑張ってみるといいでしょう(^^)

また、色んな人のサーブを受けて経験を積んでいくことも忘れずに取り組んでみてください!

〈おわり〉