【卓球】社会人が強くなるために意識するべきこととは?抑えておきたい〈5つ〉のポイントを紹介!

・社会人で強くなるためのポイント
・時間のない中での練習の注意点
・上級者の練習への考え方

卓球をしている社会人の中には「強くなりたい」と考えている人は多いと思います。

学生や学生時代と違い「なかなか練習時間が取れない」というのが社会人のネックですよね。

ですが、しっかりポイントを抑えて効率の良い練習をすれば、社会人でも強くなることは可能です。

そこで本記事では【社会人が強くなるために意識するべき5つのポイント】を紹介していきたいと思います!

【卓球】社会人が強くなるために意識するべき5つのポイント

ここから【社会人が強くなるために意識するべき5つのポイント】を解説していきます。

私の考え方としては【社会人の練習は効率を重視することが大事】だと思っているので、今回紹介する5つのポイントは〈効率を良くする〉ということを重きにおいてものが多いです。

少しでも皆さんの参考になれば幸いですので、よかったら最後までご覧ください(^^)

練習する上で〈自分の強みを伸ばすこと〉を最優先にする

社会人が強くなるために意識するべきポイントの1つ目は【練習する上で自分の強みを伸ばすことを最優先にする】です。

多くの人の考え方としては「練習は弱点を克服するもの」とか「出来ないものを出来るようにするもの」と考えている人が多いと思います。

確かにその考え方は間違っていませんが、少ない練習時間しかない社会人がそれをやっていては【効率が悪い】場合があります。

少ない時間を【出来ない・苦手なこと】に割いていては、現状勝てない選手に勝てるようになるのは難しいでしょうし、少ない練習時間では【苦手が改善できる度合い】というのは、たかが知れていると思います。

なので、短い練習時間しか取れないのであればを【強みを伸ばすことに焦点をあてる】ほうが効率的でしょう。

例えば、よくいる「フォアが得意でバックが苦手」みたいな人であれば、バックばかり練習するのではなく、強みである【フォアの練習に特化】したほうがいいと思います。

かといって「苦手な練習を全くやる必要がない」というわけではなしです。

練習しても伸びにくい苦手技術は【平均点程度まで上げる】くらいに留めておいて、後は得意技術に時間を割くというように【ある程度のバランスは大事】になります。

まとめると【苦手な技術にばかり時間をかけるのではなく得意技術を更に伸ばすという考え方】が社会人には必要だと思います!

ラリー練習はなるべく〈サーブ・レシーブ〉からスタートさせる

社会人が強くなるために意識するべきポイントの2つ目は【ラリー練習は3・4球目からスタートさせる】です。

これはどういうことかというと【切替しなどの練習をサーブ・レシーブから始める】ということになります。

皆さんよくある【2本2本】とか【3点フットワーク】という練習をすると思うのですが、こういった練習をする際に多くの人は「上回転サーブ(練習用サーブ)で始める」場合がほとんどだと思います。

【体を温めるため】であれば、この始め方でも問題ないのですが、時間のない社会人がこういった形で練習しては【勿体ない】でしょう。

練習時間がそこまで取れないのであれば、2本2本を始めるときはサーブ3球目から始めたり、チキータから始めたりしたほうが【より実戦的な練習になる】と思います。

悪い例)2本2本
練習用の上回転→2本2本
良い例)2本2本
【スタート】下回転SVを出す
→フォアにツッツキしてもらう
→ドライブしてから2本2本

こういった感じで、どんな練習も【できるだけ実戦的に近づけていく】ということで限られた時間内での練習が有意義になります。

私が高校生だったときも練習時間がそこまで多くなかったので、ほぼ必ずと言っていいほどこういった形で練習していました!

ブロック・カウンターの練習を意識的に取り入れるようにする

社会人が強くなるために意識するべき3つ目のポイントは【ブロック・カウンターの練習を意識的に取り入れる】です。

多くの人は【自分が攻める練習】というのは積極的に取り入れてる印象ですが【守る練習を意識的にやっている人は少ない】と感じます。

※実際の試合では、自分が気持ちよく攻めることのできる【展開は少ない】ので、守りの上手さ・堅さというのは勝つためには必須になってきます。

※同格・格上との試合では5割以上(体感)は先に攻められる展開になる。

個人的守りの練習は【攻める練習よりも大事】だと思っています。

なので、社会人の方には少ない練習時間の中に【必ず守りの練習を取り入れる】ようにしてほしいです!

「守りの練習を取り入れる時間もない」という人は【相手の課題練習の相手をしているときにブロックをミスしない】という意識で練習するのがいいと思います(^^)

・レシーブに余裕を持てる
▷打たれても止められるという安心感を持てる

・試合の安定感が上がる
▷攻めの調子が悪いときに守りの作戦に切替できる

・戦術の幅が広がる
▷打たせてブロック・カウンターができる

ゲーム(試合)練習を積極的に取り入れる

社会人が強くなるために意識するべき4つ目のポイントは【試合練習を積極的に取り入れる】です。

強くなるためには【練習】だけでなく【試合をすること】も大事になってきます。

試合を取り入れるタイミングとしては【練習の最初か最後にやる】のがおすすめです。

【練習の最初に試合をやるメリット】
・調子のでない状態でやるので地力が分かる
・後の練習で課題に基づいた練習ができる【練習の最後に試合をやるメリット】
・練習でやったことを試すことができる
・次回の練習への課題が見つかる

練習というのは、あくまで【試合で勝つため】にやるものです。

なので、練習だけでなく、積極的に試合練習をすることで【効率的かつ実戦的な練習をすることができる】ので是非取り入れていきましょう!

練習時間も大事だが〈練習頻度〉も高めるようにする

社会人が強くなるために意識するべき5つの目のポイントは【練習頻度も高めるようにする】です。

練習時間を多く取ることを意識する人は多いと思いますが、個人的には【時間よりも頻度の方が大切】だと思っています。

個人的に【週に1回3時間の練習】よりも【週に3回1時間の練習】だったら、後者のほうが確実に良い体感を得れるなと感じています。

その要因としては、練習の間隔を詰めることで【感覚が残っている状態で練習できる】ので、調子が良いし、新しい技術の習得も早いです。

社会人だと仕事の関係でなかなか頻度を高めることができないのも重々承知ですが、できるのであれば【練習時間だけでなく練習頻度にも目を向ける】と良いと思います!

まとめ

今回は【社会人が強くなるために意識するべき5つのポイント】について解説させていただきました!

繰り返しになりますが、社会人は学生などに比べて【時間がない】ので、効率の良い練習をすることが大事になります。

そんな【効率の良い練習】をするために本記事が少しでもお役に立てれば幸いです(^^)

〈おわり〉