【卓球】試合で勝てない人に共通する3つの特徴とは?現役卓球コーチが解説します!

試合で勝てない人の特徴
試合で勝つために必要なこと
上級者の考え方

「練習ではそんなに悪くないのに、試合は全然勝てない…。」と悩む卓球プレーヤーは少なくないと思います。

試合に勝てない理由を考えると、人によってはキリがないくらい出てきてしまうでしょう。

なので、今回は私が普段の指導を通じて感じている【試合に勝てない人に共通する3つの特徴】を紹介・解説したいと思います!

その3つの特徴とは下記の3つになります。

・シンプルにミスが多い
・サーブ・レシーブの技術力が低い
・実践的な練習が不足している

今回はこの3つの特徴について詳しく解説していきます!

【卓球】試合で勝てない人に共通する3つの特徴

さっそく【試合で勝てない人に共通する3つの特徴】を紹介・解説していきます。

本記事の内容は、人によっては「そんなの当たり前じゃん!」と思える内容です。

ですが、日々の指導の中で【その当たり前のことを当たり前に実行できている人は数少ない】と感じています。

なので、今回は確認の意味も兼ねて読み進めていただければ幸いです(^^)

シンプルにミスが多い

試合で勝てない人に共通する特徴の1つ目は【シンプルにミスが多い】です。

卓球の試合で勝つために1番大事なことは「すごいドライブを打つ」ことでも「切れたサーブを出す」ことでもなく「相手より1球でも多く返す」ことです。

当たり前のことなのですが、多くの人はいいドライブを打つことやすごいサーブを出すことに執着してしまって【この本質を忘れている・意識が薄れている】と思います。

特に最近では、YouTubeなどでトップ選手や上級者のプレーが簡単に見れる時代になっているので、その傾向が強まっている感じがします。

ここで忘れて欲しくないのは、トップ選手などが打つすごいボールも【ミスのしない範囲で質の高いボールを打っているだけに過ぎない】ということです。

彼ら・彼女らはドライブを打つときに「ミスしてもいいからいいボールを打とう」なんて気持ちは微塵もなく「ミスしない範囲でどれだけいいボールが打てるか」というのを常に追求しています。

なので、一般層の我々もその意識を強く持って、試合・練習をやっていかないといけないと思います。

少し話は逸れましたが、ドライブを打つにもサーブを出すにも【相手よりもミスをしない】という前提から外れてしまっている人は試合に勝つことはできないということをしっかり頭に入れておきましょう!

サーブ・レシーブの技術力が低い

試合で勝てない人に共通する特徴の2つ目は【サーブ・レシーブの技術力が低い】です。

試合は必ず、サーブ・レシーブから始まるので、サーブ・レシーブの技術力が低いと試合に勝つのは難しくなります。

練習で「ラリーが楽しいから」とか「ドライブを打つのは気持ちいいから」とサーブ・レシーブの練習を疎かにしている人は多くいます。

そういった考えが悪いとは言いませんんが、しっかりとサーブ・レシーブができないと、その練習してきたラリーやドライブは影を潜めてしまうでしょう。

逆に考えれば、サーブ・レシーブをしっかりと練習すれば、ラリーやドライブも練習通りに発揮できるようなります。

サーブ・レシーブの練習は地味で一見つまらない練習ですが、ここを一生懸命やることが【試合で勝つための近道】と言っても過言ではないので、頑張っていきましょう!

実践的な練習ができていない

試合で勝てない人に共通する特徴の3つ目は【実践的な練習ができていない】です。

「実践的な練習ってどんな練習?」と疑問に思う方もいると思うので、下記にざっと実践的な練習の代表例を挙げてみました。

・サーブ・レシーブからスタートする練習
(3球目・4球目を絡めた練習)

・パターン練習
(自分の得意な展開・苦手な展開の練習)

・ゲーム練習
(闇雲にやるのではなく、課題を持って取り組む)

このあたりが【実践的な練習】になります。

多くの人は、上回転のサーブ(練習用サーブ)を出してからラリー練習を始めますが、実践ではその形からラリーが始まることはありません

ツッツキをドライブしたり、相手のサーブをフリックしたりしてからラリーが始まると思います。

なので、そういった形からラリー練習などをすると、普通の練習が一気に実践的な練習に近づくはずです。

試合に勝てない原因の多くは【練習に問題がある場合】が多いので、試合になかなか勝てないと悩む人は「日頃の練習は実践的か?」というのを見直してみましょう!

まとめ

今回は【試合で勝てない人に共通する3つの特徴】について紹介・解説をさせて頂きました。

今、「試合で勝てない…。」と悩んでいる人の多くは、この3つのどれかに当てはまっているはずなので、この機会に今一度自分の練習やプレーを見つめ直してみてくださいね(^^)!

〈おわり〉

・シンプルにミスが多い
→卓球で勝つための本質は「相手より1球でも多く返す」を忘れない

・サーブ・レシーブの技術力が低い
→練習からサーブ・レシーブを絡めた練習をしておく

・実践的な練習が不足している
→「試合に則した練習ができているか?」を常に確認する