【卓球】試合に弱い人の5つの特徴と試合に強くなるための練習方法を紹介!

試合で弱い人の特徴
試合で強くなるためにやるべき練習
試合に対する上級者の考え方

「練習ではけっこういいプレーが出来るのに、試合になると全然ダメ‥」と悩む人は多いと思います。

その原因は【緊張】などのメンタル的なものである場合もありますが

試合で緊張しない人なんかいないので、それを理由にしていては前に進めません。

なので、今回は精神的な部分ではなく【技術的な部分】に焦点を当てて考えていきたいと思います。

そこで今回は私が思う【試合に弱い人の特徴5つ】をピックアップしてみました。

・サーブ・レシーブが下手
・打ちミスが多い
・ブロックができない
・戦術・パターンがない
・相手のことを考えてない
(自分勝手なプレーをする)

現状、試合に弱いと悩んでいる人は上記の5つに当てはまっている場合が多いので、それぞれの要因について解説していきたいと思います!

【卓球】試合に弱い人の特徴

冒頭でも紹介した【試合に弱い人の5つの特徴】について解説していきます。

・サーブ・レシーブが下手
・打ちミスが多い
・ブロックができない
・戦術・パターンがない
・相手のことを考えてない
(自分勝手なプレーをする)

サーブ・レシーブが下手な人

試合に弱い人の特徴1つ目は【サーブ・レシーブが下手な人】です。

卓球の試合は必ずサーブ・レシーブから始まるので

ここが下手な人は絶対に勝てないと言っても過言ではありません。

普段の練習で「ラリーが楽しいから」といって

サーブ・レシーブの練習を疎かにしている人は試合に弱い・勝てない傾向が強いです。

サーブやレシーブの練習は地味なので【卓球をやった感・練習した感】というのは

感じにくいと思いますが、1日に5分でもいいのでサーブ・レシーブの練習を取り入れるようにしましょう。

打ちミスが多い人

試合に弱い人の特徴2つ目は【打ちミスが多い人】です。

ドライブやスマッシュを打って攻めることは勝つためにとても大事なことですが、その攻撃がミスばかりでは勝てません。

卓球で勝つための原則は「相手よりも1球多く返す」ことなので

打ちミスばかりではその原則からズレてしまいます。

ときにはリスクを背負って攻撃することも大事ですが

基本は【ミスしない範囲で攻撃する】ことを大前提に攻めるようにしていきましょう。

例えば、8~10割で打ってミスをしてしまうのであれば【4~6割】に力を落とすなどの工夫が必要になってきます。

攻撃するときの理想は【限りなく小さいリスクで点を取る】を心がけていきましょう!

ブロックできない人(守りが下手)

試合に弱い人の3つ目の特徴は【ブロックができない人(守りが下手)】です。

多くの人は練習でドライブやスマッシュなどの攻撃ばかりを練習しがちですが

試合では全て自分が攻めれるなんてことはありません。

同格や格上が相手になれば自分が打てる割合は【5割以下】と考えたほうがいいと思います。

ということは【半分以上は守らない(ブロックしない)といけない】ということになります。

こうやって考えると「守れないのってやばいな‥」と感じてもらえると思うのですが

多くの人はこのように考えないため、守りの練習を積極的にしようとしません。

これを見た人で守りの練習を全くしていない人は、明日の練習から意識的に守りの練習を取り入れていきましょう!

戦術・パターンがない人

試合に弱い人の4つ目の特徴は【戦術・パターンがない人】です。

ドライブやブロック、サーブやレシーブを単体でやると出来るのに、試合ではできない」という人はこれに当てはまると思います。

戦術・パターンがないというのを簡単にいうと【プレーに繋がりがない】ということです。

例えば、「下回転のサーブを出した後にドライブする」のようなことを考えれていないことを指します。

サーブはサーブ、ドライブはドライブと単体で考えてしまっている人は、試合でいいプレーができません。

技術を単体で考えるのではなく、「これをこうやったらこう返ってくるからこうする」のように繋がりを考えて練習するようにしましょう!

自分のやりたいことばかり優先して相手のことを考えてない

試合に弱い人の5つ目の特徴は【自分のやりたいことばかり優先して相手のことを考えてない人】です。

これを一言でいうと【自己中】ということです。

卓球というのは、自分1人でやるものではなく、相手ありきのスポーツなので、自分のやりたいことばかりやっていては勝つことはできません。

例えば、「自分は下回転を出してツッツキさせてドライブを打ちたい」と考えているとします。

しかし、相手のツッツキが切れていて打ちミスしてしまうのであれば、作戦を変えないといけません。

ですが、試合に弱い人はそういったことが客観視できなくて

同じ作戦を押し通そうとして最後までそのままいってしまって負けてしまうことが多いです。

試合では、常に次のようなことを考えておかないといけません。

「相手は何をしたがっているのか?」

「相手は何が得意で何が苦手なのか?」

「相手の今の心理状況はどうか?」 など

こういったことを考えて、「自分は何をするべきなのか?」というのを選んでいくことができるようになると、試合に強くなれると思います!

【卓球】試合に強くなるためにやるべき練習

ここからは【試合に強くなるためにやるべき練習】を紹介していきます!

細かく分けると膨大な量になってしまうので、今回は大きく4つに分けてみました。

・サーブ・レシーブ練習
・3球目・4球目攻撃
・ブロック・カウンター
・ゲーム練習

これらの練習について1つずつ解説していきたいと思います。

サーブ・レシーブ練習

試合に強くなるためにやるべき練習の1つ目は【サーブ・レシーブの練習】です。

先程も言いましたが、サーブ・レシーブの練習はラリー練習などに比べて

地味でやっている感がないので、みんな避けがちです。

ですが、しっかりと時間を確保してやることをにオススメします。

みんなが避ける練習だからこそ、一生懸命やれば【差別化】を図ることができます。

特にサーブ練習は台があれば、1人でもできる練習なので、積極的に取り組んでいきましょう。

レシーブ練習に関しては、サーブ練習をしている人に

「サーブを取らせてください」とお願いをしてもいいと思います。

とにかく1日の練習のどこか5分でもいいので

サーブ・レシーブの練習を積み重ねていければ

やっていない人との差はどんどんついていくので、積極的に取り組んでいきましょう!

3球目・4球目攻撃の練習

試合に強くなるためにやるべき練習の2つ目は【3球目・4球目攻撃の練習】です。

先程、試合に弱い人の特徴として【戦術・パターンがない人】を挙げましたが、それを克服するためにこの練習が必要になります。

ですが、今まで戦術やパターンを考えてこなかった人が

いきなり「3球目はこうで5球目はこう、そして7球目はこうする!」というのは難しいと思います。

なので、まずは次のようなことから考えるようにしていきましょう。

・フォア前に横回転を出してフリックしてきたボールを両ハンドで攻める(3球目)

・バックに下回転系のロングを出して持ち上げてきたボールをフォアで攻める(3球目)

・ミドル前にストップして両サイドに来たツッツキを両ハンドで攻める(4球目)

まずは【サーブ3球目・レシーブ4球目】を徹底して自分のパターンを作っていき

徐々に「5球目はこうしよう」と発展させていくと良いと思います!

ブロック・カウンターの練習

試合に強くなるためにやるべき練習の3つ目は【ブロック・カウンターの練習】です。

先程も言ったように試合では打たれる割合が【※5割以上】になるので、守りの技術も練習するようにしましょう。
※同格・格上と試合をした場合

ブロックやカウンターの練習をする時間を確保して行うのも悪くないですが

効率よく練習するのであれば【相手の課題練習中にブロックミスをしない意識を持つ】のがいいと思います。

練習相手がドライブの練習をしているのであれば

その際に自分は「ブロックを絶対にミスしない」という気持ちで練習すれば

相手の練習時間も有効活用することができます。

カウンターに関しては、相手の練習中に「少しでも甘いドライブが来たらカウンターで狙っていく」という気持ちを持っておくと良いでしょう!

ゲーム(試合)練習

試合に強くなるためにやるべき練習の4つ目は【ゲーム練習】です。

今まで紹介してきた練習をやり込んだら、ゲーム練習で「それらができるかどうか?」をチェックするようにしましょう。

【ゲーム練習をする→課題が出る→課題を練習する→…】のサイクルをしっかりと回すことが上達・強くなるためには必要不可欠です。

「当たり前だろ」と思う方もいるかと思いますが、試合で強くなるためにはこれを突き詰めていかないといけません。

なので、来る日も来る日もこのサイクルを回し続けることができれば、試合に強い選手になれると思うので、頑張っていきましょう!

まとめ

今回は【試合に弱い人の5つの特徴】と【試合に強くなるためにやるべき4つの練習】について紹介させて頂きました。

最後は、紹介したポイントをまとめて終わりにしたいと思います!

【試合に弱い人の5つの特徴】
・サーブ・レシーブが下手
・打ちミスが多い
・ブロックができない
・戦術・パターンが無い
・自分勝手なプレーをする
【試合に強くなるためにやるべき4つの練習】
・サーブ・レシーブ
・3球目・4球目攻撃(パターン練習)
・ブロック・カウンター
・ゲーム(試合)
〈おわり〉