【卓球】チキータの返し方って?確実に返球するために覚えておきたい3つの方法を紹介!

「チキータの返し方が分からない」

「チキータを巧く返せず試合に勝てない」

「ライバルのチキータをうまく返したい!」

上記のような悩みや疑問を抱えている卓球プレーヤーの方は少なくないと思います。

チキータは強烈な横回転がかかっていて、かつスピードがそれなりにあるので、返球には手を焼きますよね。

特にまだチキータを取り慣れていない【初〜中級者】の方はそういう傾向にあると思います。

そこで本記事では、卓球初〜中級者の方に向けて【チキータの返し方】を解説していきます!

今回紹介するチキータの返し方は、次の3つになります。

・回転をかけて攻めてくドライブ
・確実性の高いブロック
・意表をつけるミート打ち

これらについて1つずつ深堀りして解説していきますね!

※本記事は初級者の方にとって難しい内容も含まれます。
ですが、知っておくだけでも今後の役に立つと思うので、良かったら最後までご覧ください!

【知っておきたい!】3種類のチキータの返し方

さっそく【3種類のチキータの返し方】について解説していきます!

出来る出来ないはおいておいて【色々な返球方法】を知っておくことは大事なので、是非参考にしてみてください!

相手の回転を上書きするようにドライブ

チキータの返し方の1つ目は【ドライブ】です。

ドライブでチキータを返すというのは【基本的かつ攻撃的な方法】になります。

チキータの特徴は【強烈な横回転】がかかっているところです。

なので「当てるだけで返す」というのは、相手の回転に左右されてしまい、難しくて安定しません。

その点、ドライブでしっかりと回転をかける方法は【相手の横回転を強い上回転で上書きする】ことができるので、回転に左右されずに安定しやすいです。

しかも、強いドライブをかけることでラリーの主導権を握るきっかけにもなるのでおすすめの方法になります!

ドライブで返すときのポイントとしては【しっかりと回転をかける】ということです。

中途半端なスイングのドライブでは、相手の横回転に負けてしまいます。

なので、しっかりとスイングし、強い回転をかけるようにしましょう!

ドライブで返す方法は、難易度は少し高いですが、繰り返し練習することで成功率を高めていきましょう(^^)

安全かつ確実に返したいならブロック

チキータの返し方の2つ目は【ブロック】です。

ブロックは相手のボールに対して【止める】ようなスイングをして、返球する技術になります。

3つの返し方の中で、ブロックは1番守備的な返球方法になり【確実性は高い】です。

ですが、チキータはさっきも言ったように強い横回転がかかっているので【ただ当てるだけでは回転負け】してしまいます。

なので、チキータをブロックするときのポイントは【少し押して力を加える】ことが大事です。

当てるだけでは回転に負けて横に引っ張られてしまうので、その横回転に負けない程度にボールを押す必要があります。

押す度合いについては【相手のボールのスピード応じてスイングを調整する】と良いと思います!

【速いチキータに対してのブロック】
▷相手の威力を利用して軽めに押す

【遅いチキータに対してのブロック】
▷速いときに比べてしっかり目に押す

他にもラケット角度を変えて【横回転を利用するブロック】もありますが、難易度は高めなので、まずは【通常のブロック】を練習していきましょう。

難易度は高めだが意表を突けるミート打ち

チキータの返し方の3つ目は【ミート打ち】です。

ミート打ちというのは、ドライブと違い【回転をあまりかけずに弾くような打法】です。

簡単にいうと【スマッシュ】に近いものをイメージしてもらえる分かりやすいかなと思います。

強い横回転がかかっているチキータに対して、回転をかけずに打つミート打ちは【かなり難易度が高い】です。

ですが、成功すれば【相手の意表を突く】ことができるのが魅力です。

チキータをミート打ちで返すときのポイントは【なるべく強めにインパクトする】です。

中途半端に弾くように打つと回転に負けてしまうので【ボールを潰すように強く当てる】のがコツになります!

ミート打ちはドライブやブロックに比べると、難易度が高いので、まずは【ドライブ・ブロックの安定】を目指し、出来るようになったら取り組むことをおすすめします!

【まとめ】とにかくチキータに慣れることから始めよう!

今回は【チキータの3つの返し方】について解説させていただきました!

方法が頭で理解できたら、あとは【とにかくたくさんチキータを打って慣れる】ことを目指しましょう!

「習うより慣れろ」という言葉もあるように、方法論を見たり読んだりすることも大事ですが【打球して慣れる】ことが1番大事です。

「打倒チキータ」を胸に頑張って練習してみてくださいね(^^)!