【卓球】チキータ対策ってどうやればいい?チキータを封じるための7つの技術・作戦を紹介!

「試合でチキータが取れない」
「チキータをされると苦しい展開になる」
「なんとかしてチキータを封じたい」

上記のような悩みを持つ卓球プレイヤーは多いのではないでしょうか?

チキータは強烈な横回転がかかっているので、手を焼く人は多いです。

しかも、最近ではプロ・アマ問わず使う人が多いので【全プレイヤーが対策を練っていく必要】があります。

そこで本記事では【7つのチキータ対策】を私の実体験を踏まえながら紹介していこうと思います!

チキータ対策で有効な技術・作戦を紹介〈実体験を踏まえて〉

さっそく【7つのチキータ対策】を紹介していきます!

今回紹介するチキータ対策は【私が実戦の中で使って手応えがあるもの】をピックアップしているので、信ぴょう性は高いはずです!

ぜひ、参考にしてみてください(^^)

強烈に切れた下回転サーブ

1つ目のチキータ対策は【強烈に切れた下回転を出す】です。

下回転がとても切れているサーブというのは、かなりチキータがしにくいので、チキータ対策をするなら必ず使っていきたい技術の1つになります。

相手のチキータのレベルにもよりますが、大半の人のチキータを封じることが出来るでしょう。

相手のレベルが高くても、切れてないボールに対するチキータと比べると【※威力は半減する】と思うので、対処がラクになります!

※持ち上げるようなチキータになるので。

フォア前への逆回転サーブ

2つ目のチキータ対策は【フォア前への逆回転サーブ】です。

チキータは基本的に【バック前】で使う技術になります。

逆回転のサーブは相手のフォア側に大きく曲がるサーブで、それをフォア前に短く出すことによってチキータはやりにくくなります。

また、フォア前まで相手を動かすことによって【ミスを誘う】こともできます!

チキータが上手な選手はフォア前もきっちりチキータしてきますが、フォア前に大きく動いている分【バック側がガラ空き】になります。

なので、ブロックでもいいので【相手のバックにボールを詰める】ことができると、その後のラリーを優位に進められるでしょう!

台から出るか出ないかの長さのサーブ

3つ目のチキータ対策は【台から出るか出ないかの長さのサーブ】です。

チキータが上手い選手に対して【一般的な短いサーブ(2バウンドする程度)】を出してしまうと、いとも簡単に良いチキータをされてしまいます。

そこで有効なのが【出るか出ないかのサーブ(ハーフロング)】です。

出るか出ないかの中でも理想の長さは【少しだけ出る】のが良いと思います!

少し長くて台の深めに着くサーブは【チキータが非常にやりにくく】無理やりチキータしようとするとミスに繋がります。

この出るか出ないかのサーブは上級者の中では【チキータ封じ】としてよく使われているので、ぜひ試してみてください!

相手の手元で伸びるサーブ

4つ目のチキータ対策は【相手の手元で伸びるサーブ】です。

相手がチキータをしようとしたときに手元で伸びるサーブを出すと【タイミングを狂わすことができる】のでミスを誘えます。

なので、試合で数本伸びるサーブを見せておくことで【チキータを牽制】することができるはずです。

注意点としては、伸びるサーブを出した後は【上回転の返球がほぼ確実に来る】のでラリー戦になります。

そのためサーブを出した後は【台から少し距離を取る】ことを心がけてください!

 

台から下がっての浅いサーブ

5つ目のチキータ対策は【台から少し下がって浅いサーブを出す】です。

これは、YouTubeで水谷選手が紹介していた作戦で、下記に動画の内容を簡単にまとめたので御覧ください。


・少し下がって出すことで浅く短くなる

▷足を必要以上に踏み込まないといけない・ボールの勢いが死んでチキータしにくい
▷飛んでくる勢いを利用できなくなる

大体の内容をまとめるとこんな感じです。

この動画を初めて見たとき「なるほど〜」と思いました。

実際にこのサーブを出してみると、チキータをされにくかったですし、受けた感想もチキータをしにくかったです。

いつも通りのサーブを下がって出すだけ】なのにこんなに変わるのかと驚きました。

誰でも思いつきそうなのに今まで誰も使っていなかったので「さすが水谷選手だな(笑)」という感じです。

ロングサーブを多用する

6つ目のチキータ対策は【ロングサーブを多用する】です。

シンプルに「チキータは短いサーブにしかできないのでロングサーブを出す」という誰でもできる対策です。

誰でも簡単にできるのですが【リスクが非常に高い作戦】になります。

やはり、ロングサーブは相手に読まれてしまうと強打をされてしまうので、出した後の展開づくりがなかなか難しいです。

なので【チキータを封じるためにロングサーブを出したときの展開】を練習でしっかりとやっておくことが必要になってきます。

使う技術としては【カウンター・ブロック】あたりの技術になるので、これもしっかりと身につけておきましょう!

チキータを狙い打ってプレッシャーをかける

最後のチキータ対策は【チキータを狙い打ってプレッシャーをかける】です。

この対策の考え方はチキータが嫌ならチキータを捻じ伏せるという暴力的な考えかたになります(笑)

あえてチキータを打たせて、それを【カウンターで狙い撃つ】ことで、相手に「チキータ狙われてるな…。他のレシーブに切り替えよう!」と思わせるのがこの作戦の目的です。

チキータが苦手な素振りを見せつづけてしまうと、相手はチキータばかり打ってきます。

なので、ハッタリでもいいから「チキータは怖くないぞ!」とチキータを狙い打つことが必要なのです!

この作戦のポイントとしては【5〜6割のチキータをさせる】ことに注力しましょう。

チキータを狙い打つ上で【相手のベストなチキータ(10割)を攻めるのはリスクが高い】です。

そこで、先程までに紹介した対策を使うことで【相手の5〜6割のチキータを誘発させることが必要】になります!

技術的には少し難しい作戦ですが、非常に有効なチキータ対策なのでチャレンジしてみてください!

まとめ

今回は【チキータを封じるための7つの対策】を紹介させていただきました!

現状、チキータ処理に苦しんでいるという人は、まず1つでもいいので紹介した対策を試してみてください。

きっと【現状打破】の一助になると思います!

ここまで読んで頂きありがとうございました!

〈おわり〉